7月の「百星かるた会」のご案内

7月28日(日)に東京・高田馬場にて、「百星かるた会」を開催いたします。
午前10時半からは、
「百人一首はジグゾーパズル?」
というテーマで勉強します。
「百枚の札を、10×10のマスに、ある特殊な並べ方ではめ込んでゆくと、
ピタリとはまり、またそこに新たな情景が見えてくる」
という説を、実際に札を並べて検証するワークショップです。
 百人一首を編纂した藤原定家が、どういう基準で歌を選んだのかについては未だに謎が多いのですが、こちらもそのひとつ。
定家が、百人一首の札の並びに忍ばせた…かもしれない?ミステリーを密かに暴いてみませんか?
 午後1時からは、かるた会。
暑さの続く毎日、少しでもかるたで涼を取ろうという願いを込めて、流れる水を詠みこんだ歌で、かるた取りをします。
★会場 新宿区立障害者生活支援センター・多目的室
(高田馬場駅・戸山口改札より、徒歩7分
 新宿区百人町4-4-2)
※参加費無料。
おひとりおひとりの、見え方に合わせた札をご用意しますので、
7月24日(水)
までに、事務局にお申し込みください。
100boshi.hyakuboshi@gmail.com
待ち合わせの必要な方も、ご相談ください。
※かるた会は、8月は夏休みを頂きます。
「百夜の会」は、第一水曜日のみ開催。8月の第3水曜日はお休みです。